レンタカーできる福祉車両を選ぶポイント

今の時代、レンタカー会社の数は以前にまして増えています。それでも【福祉車両】となると、未だ車種はそれほど多くはありません。例えば、ある公式サイトでは福祉車両としてレンタカーできる車は【キャラバンチェアキャブ】のみとなっています。というのも福祉車両として用いる場合、車いすを積めることが前提でレンタカー予約されるからです。

条件としては排気量が2500cc以上のクラスの車が必要になります。提示されている利用料金は、一般の方と会員の方とで金額差があります。24時間の利用で見てみますと、一般の方は25200円ですが、会員では22680円となっています。超過金額は、一般の方では2700円。

会員の方は2430円となっています。基本料金の設定では、本州と北海道、沖縄、離島などで値段は異なります。また季節料金も決められています。また充実した福祉車両の数を保有している会社もあります。

できるかぎり多くの公式サイトを閲覧し、利用できるように準備しておくことが必要です。福祉関係のお仕事をする中で【急を要する】時もあるでしょう。そんなときに、代車を用意できるレンタカー会社を知っておくことも大切なことではないでしょうか。個人的に車を利用する場合もあれば、業務で長期的に利用する場合もあるでしょう。

公式サイトでは、さまざまな情報を提供し、お客様の事情にあわせた対応をすることができるでしょう。今の時代、多くのプランも用意されコスト的にも無駄を省くように設定されています。利便性を最大限に高めてくれるプランをぜひご利用ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です