福祉車両レンタカーで注意すること

福祉車両をレンタカーで貸し出す業者が増えています。これは介護の事業所からすればメリットも大きいため、特に都市部にあっては利用が拡大しています。ただし、注意すべき点も多くなっていることから、レンタカーとして使用する場合にはあらかじめその注意点を把握することが求められます。その注意点としては、使用目的をしっかりと把握することです。

たとえばデイサービスの送迎車両として利用をする場合にあっては、送迎の目的にマッチした使い方が出来るかどうかが問われます。高齢者の自宅前までそのレンタカーが入ることが出来なければ役に立たなくなってしまいます。場合によっては軽自動車で対応をすることを考えなければならないわけで、福祉車両として使用が難しい場合には、レンタルすべきではなくなってしまいます。福祉車両では、その他にも後部座席やあるいはハッチバックタイプのように後ろから座席についてもらうこともあり得るでしょう。

このとき、後ろの座席に入りやすいかどうかなども問われます。介護職員が必ず同乗をしますので、一般的には対応が出来るわけですが、もし厳しい場合には別の車両を用意しなければいけません。こうした注意点をクリアできるのであれば、福祉車両は魅力に映る可能性はあります。なお、レンタカーの場合では車検や税金負担をしなくて済むことが最大のメリットとなってきますが、任意保険の適用が搭乗者全員が対象となるかどうかなどは、よく確認することが求められます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です