福祉車両をレンタカーする場合

介護付有料老人ホームに入居されている方々の場合でも、入居している際にも定期的に心臓のペースメーカーなどの検査や、または、突然に何かの病気になってしまった場合、この他にも、風邪などをひいてしまったケースなど、いろいろな場合に、福祉車両をレンタカーとして、使用する場合があります。これは、介護付有料老人ホームにお暮しをされている方々の場合には、手足や腰、ひざなどが不自由であることから、日常的に車いすの状態であること、このようなケースが多いのです。または、もうずっと、寝たきりの状態で、食事の時だけは車いすに乗って、ご飯を召し上がる、このような入居者様もおられます。このようなため、福祉車両のレンタカーでなければ、お医者さんに診てもらう際にも、車での移動が危険ということになってきます。

通常の車では、福祉車両とは異なり、車いす用の専門的な安全なベルトなどが付属してしないため、とても危険です。また、福祉車両事態が、家にあるということは滅多にないため、どうしてもレンタカーとして、申請を行い、貸してもらうというケースが多いものなのです。福祉車両をレンタルしたい場合には、このような介護付有料老人ホームのスタッフ様が手筈などを整えてくれるケースもあれば、病院、例えばお医者さんに診察を依頼する、総合病院などで、このようなレンタカーを依頼できるケースなどもあり、多様に対応をしてくれます。ただ、事前にいつ使うのかが確認が必要なケースもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です